もう、フライの脇役とは呼ばせない「農場タルタルソース」

えびフライ、白身魚フライにはソースではなくタルタルソース派のTakaokaです。卵をゆでて、つぶして、玉ねぎをみじん切りにして、ピクルスを刻んでマヨネーズを和えて・・・家でも作れます。でも正直ちょっと手間です。

サンクゼールの「農場タルタルソース」は、1999年サンクゼールの直営店1号店オープンの頃に誕生。サンクゼールの創業者良三さんの奥様のまゆみさんも商品開発に携わった大事な商品のひとつです。

材料にこだわり…てまひまかけて1週間

家で作るのは手間だと言っても、1時間もあればできちゃいますが、サンクゼールの農場タルタルソースは何と1週間程かけて作られます。きゅうりや人参を酢漬けにして、ピクルスを作るところからスタートします。

 

ピクルスに使われる野菜は全て国産にこだわっています。5mm角にダイスカットした大根や人参などをぎゅっぎゅっと体重をかけながら大きな桶にしきつめて、秘伝のピクルス液とハーブミックスで仕込みます。

 

 

秘伝のハーブミックス。愛らしい巾着から製造の皆さんの優しさがにじみ出ているようです。おいしいピクルスにな~れ。

 


 

さて、4日程経過。ピクルスが完成しましたよ。

玉ねぎやゆで卵、マヨネーズソースと一緒に混ぜ合わせます。

たっぷりかけて!

でき立てをひとさじお味見。

ふわふわの優しい口当たりと、ピクルスのコリコリとした食感、最後にさっぱりと爽やかな酸味。味わいはもちろんのこと、絶妙な食感がおいしさにプラス。フライの脇役なんて失礼過ぎて言えません。もはや主役級。

フライだけでなく、ポテトサラダの味付けや、サンドイッチ、スティックサラダのお供にぜひどうぞ。

商品ページはこちらから

 

お近くの店舗でもご購入いただけます。