【チーズのお話①】

こんにちは。
編集スタッフのtanaです。

先日投稿したこちらの記事でチラッと触れていた
本店デリカテッセンに入荷したという、ウワサのチーズ。

どうしても気になって本店へ足を運んできました。

入荷状況によって種類は様々ですが、
この日ショーケースに並んでいたのは23種類!

チーズに詳しい本店スタッフの越さんにもお話を伺ってきました。

↑こちらのショーケースに並んでいたのはテイクアウトも出来るチーズ達。
ブルーチーズ(青カビ系)・カマンベール(白カビ系)・モッツァレラ(フレッシュ系)etc…
みなさんもよく耳にするお馴染みのチーズがずらり。

 

みなさんは何チーズがお好きですか?

 

↑ハード系と言われるグリエールやパルメジャーノレッジャーノ!
カットされたラクレットチーズなんかもあります。


ひと際目を引くのはこちらのケースに入っているチーズ!

この日ショーケースに並んでいたのは
●ブルーチーズ
●ブリーチーズ(白カビチーズ)
●2年熟成のパルメジャーノレッジャーノチーズ

越さん曰く、テイクアウト用チーズは日持ちすることを前提に、
空気に触れて熟成が進まないように真空パックされているそうですが、
ホールで置いてあるチーズは真空になっていない分、日を追うごとに熟成されて旨味が増し、
また、切り立てを食べて頂くことでよりチーズ本来の味わいが楽しめるんだそう。

切り立てチーズが食べられるのは“イートイン限定”!
せっかくなのでブルーチーズを少し試食させて頂きました。

頂いたのは、フランス産のブルードベルニュ、
フランス産のロックフォール、国産のブルーチーズの3種類。


(ブルーチーズは光に弱いのでアルミホイルに包んで野菜室に保管がベストだそうです♪)

クセが強い!チーズも個人的に大好きなので
ブルーチーズはよく買って食べているのですが、産地違いで食べ比べるのは初めて!

お店でチーズの盛り合わせっていうのはあっても
同じチーズを産地違いで食べ比べなんてなかなか出来ないですよね~!

ワクワク。

そもそもブルーチーズにそんなに味の違いってあるの?

 

【チーズのお話②】につづく。